トップ > 講座一覧 > 講座詳細

薬師寺副執事長・大谷徹奘 こころの学校 in 小学館 第3回

講師

ジャンル

関連タグ

【第一部 大谷徹奘法話
お経に学ぶ 
地獄への道~】
地獄とはいったいどういう世界なのでしょうか?
仏典のひとつ『無量寿経(むりょうじゅきょう)』には、地獄について、
「苦より苦に入り、闇より闇に入る」と記されています。
そこにはどんな意味が込められているのか--大谷師が解き明かします。

【第二部 シリーズ対談
「よっぽどの縁ですね」
~特別ゲスト・小川三夫さん
(宮大工)~】
「最後の宮大工」と称された西岡常一棟梁唯一の内弟子として、
1300年以上前の飛鳥時代から受け継がれる
寺院建築の技術を守り続ける小川三夫さん。
宮大工を志すきっかけとなった出来事、
先人の魂と技を伝え、人を育てる極意などを
大谷師と語り合います。

*未就学児の同伴はご遠慮いただいております。

講座詳細

開催日時

09/01(土) 13:00 ~ 15:30
(全1回)

残席

受講料

3,500円 (税抜)

教材

ご参加いただいたみなさまに、第一部のテキストを差し上げます。

持ち物

筆記用具

会場

小学館

備考


講師のご紹介

大谷 徹奘 (おおたに てつじょう)薬師寺副執事長。昭和38(1963)年、東京都江東区生まれ。実家は同区の重願寺。芝学園高校在学中に薬師寺の高田好胤和上にスカウトされ、17歳で薬師寺入寺。龍谷大学大学院修士過程修了。平成11年より「心を耕そう」をスローガンに全国各地で法話行脚を開始。平成29年、薬師寺副執事長に就任。龍谷大学非常勤講師も務める。