トップ > 講座一覧 > 講座詳細

春風亭一之輔×キッチンミノル  謎の新企画発表会

講師

ジャンル


一之輔師匠から重大発表!?


年間900席もの高座をこなしているのに、“最もチケットが取りづらい噺家のひとり”に数えられる落語家・春風亭一之輔。

そんな人気者の毎月初日「一日」を、「一年間」ずっと、「一日中」追いかけ、写真と記録を綴った写真家・キッチンミノル。

昨年は共著『春風亭一之輔の、いちのいちのいち』(小社刊)を刊行したふたりが、この2018年春、新たな企画を立ち上げます! 

いったいどんな企画なのか?  何をするつもりなのか?
どうしてそんなことしてしまうのか?……
多くの謎をかかえた新企画の全貌を、全世界に向け緊急発表!
 
もちろん落語もやります!

超プラチナチケット化必至のイベントです!!

講座詳細

開催日時

04/05(木) 19:00 ~ 20:30
(全1回)

残席

受講料

3,000円 (税抜)

教材

持ち物

会場

小学館

備考


講師のご紹介

春風亭一之輔 1978年1月28日、千葉県出身。
200を超える持ちネタがあり、滑稽噺から人情噺まで広く古典落語を演じる落語家。独自のくすぐりや現代的なギャグを盛り込むなど、随所に創意工夫を織り込んだ独創的な高座が特徴。また熊さん八つぁんや隠居など、古典落語の登場人物のキャラクター設定を今風に変えるなど、現代の人にもとっつきやすい落語を演じることで知られる。
当代きっての人気を誇り、年間900席もの高座をこなすなど、寄席、ホール落語問わず精力的に活動している。
『春風亭一之輔の、いちのいちのいち』(小社刊)ほか、著書、CD多数。
キッチンミノル 1979年、テキサス州フォートワース生まれ。
18歳のときに噺家を志すも挫折。その後、法政大学に入学しカメラ部に入部。キッチンミノルを襲名する。
卒業後は不動産販売会社に就職したものの、写真家・杵島隆に褒められて、すっかりその気になり脱サラ。2005年、プロの写真家になる。
現在は、雑誌や広告などで人物や料理の撮影を中心に活躍中。また、ファッションブランドSTOREと組んで、ワークショップ「MASK」を全国各地で開催。
一之輔師との共著『春風亭一之輔の、いちのいいちのいち』(小社刊)ほか、『フィルムカメラの教科書』(雷鳥社)、『メオトパンドラ』(ニューフォイル)など。