トップ > 講座一覧 > 講座詳細

亀山郁夫先生と『カラマーゾフの兄弟』「100分de名著」放送記念の読書会

講師

ジャンル

2月の読書会は、世界文学史上の最高傑作『カラマーゾフの兄弟』。

この物語を読み解くために、ドストエフスキー研究の第一人者、亀山郁夫先生を
ゲストにお招きし、人生の根本的な問題を読書会を通して、みんなで考えます。

NHK Eテレ「100分de名著」2019年12月~『カラマーゾフの兄弟』(全4回)が放映されます。
亀山郁夫先生が講師です。併せてご視聴ください!

亀山先生ともう一人スペシャルゲストを予定しています。こちらも当日のお楽しみにしてください!

----------------------------------------------------------------------------------------------------

<課題作品>
カラマーゾフの兄弟』
著者:ドストエフスキー
翻訳:亀山 郁夫
光文社古典新訳文庫(全5巻)

※課題本の読了または番組の視聴のいずれかを当日までに行ってください。

<当日のながれ(予定)>
19時00分
受付開始

19時30分
第1部 読書会
第2部 ゲストトーク
ゲスト:亀山 郁夫

21時30分
終了

<ご注意事項>

イベントの様子は後日「小学館カルチャーライブ!」、「みんなの読書会」のSNSで公開することがございます。

<こんな方が参加されています>
・メインの参加層は20~30代の社会人が中心です
・男女比は、40:60です
 他の読書会よりも女性が若干多い傾向です
・初参加の方も3割程度いらっしゃいます
・本や書店が好きな方が多いのが特徴的です
 
※過去のイベント実施は、 みんなの読書会Facebookページをご確認ください
 https://goo.gl/xlrgBR

講座詳細

開催日時

02/28(金) 19:30 ~ 21:30
(全1回)

残席

受講料

2,000円 (税抜)

教材

持ち物

会場

小学館 一ツ橋センタービル12F

備考

★申し込み締め切りは2/25(火)23時です。ご注意ください!

講師のご紹介

亀山 郁夫
名古屋外国語大学学長。ロシア文学・ロシア文化論。
著作=『甦るフレーブニコフ』(平凡社)『ロシア・アヴァンギャルド』(岩波書店)
『ドストエフスキー 父殺しの文学』(NHK出版)『世界が終わる夢を見る』(名古屋外国語大学出版会)
『ショスタコーヴィチ』(岩波書店)小説『新カラマーゾフの兄弟』(河出書房新社)
翻訳=ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』『白痴』(光文社)など多数。