トップ > 講座一覧 > 講座詳細

文学YouTuberベル 禁断のエロス【サロメ】の世界へようこそ

講師

ジャンル


【文学YouTuber ベル×『サロメ』読書会】


世紀末文学の傑作を読書会で深掘り!

世紀末文学の傑作、オスカー・ワイルド『サロメ』を課題本にした読書会です!

なんと、今回のスペシャルゲストは「文学YouTuber ベル」さん。

名著は、一人では読むきっかけを作りづらいもの。
ここでは参加者と一緒に読んで感想を伝え合う場をもうけ、
さらにあの伝説の文学YouTuberベルから独自の視点で深掘り分析を試みるコーナーもご用意しました。

『サロメ』は126年もの時を超え、現代でも芥川賞作家・平野啓一郎さんが翻訳したり、山本周五郎賞作家・原田マハさんが小説で描いたりと、今なお色あせることのないオスカー・ワイルドの傑作です。
さあ、あなたも禁断のエロス『サロメ』の扉を開いてみませんか?!


<課題本>
『サロメ』
著者:オスカー・ワイルド
翻訳:福田 恒存 
出版社:岩波書店
定価:400円+税
https://www.iwanami.co.jp/book/b247343.html 
※翻訳の指定はありません。福田訳(岩波文庫)以外でも参加できます。
 参考)サロメ (光文社古典新訳文庫 翻訳:平野 啓一郎)
    サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫 翻訳:西村 孝次)
内容紹介:
妖しい美しさで王エロドの心を奪ってはなさない王女サロメ。
月光のもとでの宴の席上、7つのヴェイルの踊りとひきかえに、預言者ヨカナーンの生首を所望する。
幻想の怪奇と文章の豊麗さで知られる世紀末文学の傑作.R.シュトラウスのオペラ「サロメ」の原典にもなった。
岩波書店版は、幻想的な美しさで話題を呼んだビアズレーの挿画をすべて収録。

著者:オスカー・ワイルド
(1854-1900)アイルランド・ダブリンに生まれ、同地の大学を経てオクスフォード大学に学ぶ。
「芸術のための芸術」を唱えて唯美主義、芸術至上主義に基づく活動を展開し、
フランスやアメリカにまで名を知られた。
小説『ドリアン・グレイの肖像』や『ウィンダミア卿夫人の扇』といった一連の喜劇作品、
世紀末文学の代表とされる悲劇『サロメ』で文名高く時代の寵児となるも、
男色罪による獄中生活の後は不遇な晩年を送った。

<ゲスト>
文学YouTuberベル
YouTubeで読書の魅力を発信する動画クリエイター。登録者は6万人超。
「気軽に読書を楽しめる仲間を増やしたい」という思いから、執筆やイベント出演なども積極的に行う。YouTubeとリアル書店のコラボ「ベル書店」では本棚をプロデュースする。好評につき、各地で営業中。
https://www.youtube.com/channel/UCL4QAojeGy6CJ9R2PwmlmJQ

<当日のプログラム>(予定)
19時00分 受付開始
19時30分 第1部 読書会(少人数のグループに分かれてのディスカッション)
      第2部 ゲストトーク&質問コーナー     
21時00分 終了 

講座詳細

開催日時

06/21(金) 19:30 ~ 21:00
(全1回)

残席

受講料

2,000円 (税抜)

教材

持ち物

課題本『サロメ』(翻訳の指定はありません)、筆記用具

会場

小学館

備考

今回の課題本『サロメ』をお読みになったうえで、ご参加ください。

講師のご紹介

みんなの読書会 (みんなのどくしょかい)/2014年以来、出版社や映画配給会社、美術館、書店などとコラボした読書会を開催している。
Facebook